葬儀・葬式の注意点

県外出身の人の父親がなくなってその地域の風習に戸惑いました

私の父親は、県外から母親の住んで地域で就職をしました。

 

そのため、その父親がなくなった時、父親の親戚がほとんど地元の人ではなかったので、そのことで葬式のときのことや、その後のことに付いて、少し戸惑うことがありました。

 

父親は生前にひっそりと葬式をして欲しいと言うことだったのですが、その親戚の人たちは、派手な人が多く、その地域では派手に葬式をすることが、ステータスのような感じになっているらしく、そのことを盛んに言われたので、そのようにするしかありませんでした。

 

そのため、父親の意思であった、ひっそりとした葬式を実施することができなかったのです。

 

またその後の、香典返しについても、その地域の風習があるらしく、その金額の香典かえしがいるようです。

 

そのことも知らなかったので、その点についてもしっかりと情報を持っておくべきだったと思っています。

 

地元の人達ばかりなら、気持ちももっと楽であったと思うのですが、県外の風習のことを考えながら、葬式やその他のことをしなければならず、戸惑いながら行ったので、とても疲れてしまったことでした。

 

もっと、父親のなくなったことに対して、悲しみを受け止める気持ちを持ちながら行う葬式にしたかったと、私の気持ちとしては思っています。

 

(高知県高知市 あいさん)

 

南多摩斎場