葬儀・葬式の注意点

突然の身内の葬式で慌てました

私は突然、父親をなくした時に、本当に困りました。

 

その父親がなくなるとは思っていなかったので、なくなったショックとともに、そんなことを思っている時間がないほど、色々なことをスピーディに行っていくことが必要となるからです。

 

そのため、じっくりと葬儀社を選択することもできなかったし、ましてその葬式の内容についても、じっくりと検討をすることもなく、その葬儀社の人の意見を踏まえることで、決定して葬式をしたと言うことがありました。

 

そしてその時は、あっという間にいろいろなことをしなければならず、そのことについて反省したり、考えたりすることはなかったのです。

 

しかし、今から思うと、そんな風に何もかも、早く決めてしまったことをとても反省しています。

 

それはもっと父親と、生前にしっかりと葬式について話し合いをしておくべきであったと思うのです。

 

父親からは葬式のことについて、あまり大きな形は嫌だと言うことは聞いていたのですが、あまりにも漠然とした内容となっているので、細かいところについて、どのように決めたらいいのかわからず、残されたものが困ってしまうのです。

 

できたら、生前にそのことに付いて、しっかりと話をしておきたかったと思っています。

 

(高知県高知市、あいさん)

 

町屋斎場