葬儀・葬式の注意点

葬儀をしてみて思ったこと

葬儀会場の広さは親戚と相談して決めたほうが良いと思いました。

 

実際に年配の方になるとお付き合いが減っている場合もあり見栄を張ったり立派なものにしたいという気持ちがあると意外に参列する人がいなかったということがありました。

 

親戚で1日しか行けないという人が結構いたのですが仕事を休んでお通夜とお葬式の両方に参列したり子供や遠い親戚までつれてきたことがありました。

 

その反対もあり小さな会場にして家族と親族だけでと思っていると結構たくさんの人が参列して座る席もなかったということがありました。外に行列ができていて親族として申し訳ないしかわいそうだなと思ったことがありました。

 

やはりまわりの親族たちがどれくらいの範囲でまわりに葬儀があることをしらせているか確認をしてどのくらいの人が来そうなのか考えて会場を決めたほうが良いと思いました。

 

葬儀場の方がいわれるままになんでも決めないほうが無難だと思いました。

 

無理をしない程度に自分たちが故人にしてあげられる精一杯のことをすればよいと思います。

 

結婚式の場合は準備がありますし後でお金も払えますがお葬式の場合は急で何も決めれないのである程度の葬儀の値段などをネットなどでも調べているほうが良いと思いました。

 

結局は故人が生前にどのような付き合いを周りとしていたかによるものだと私は思います。

 

しかし葬儀はお金がかかるものなのでできる範囲も限られているので親族で相談することが大切です。

 

(兵庫県姫路市 Yukkyさん)

 

藤沢市斎場