葬儀・葬式の注意点

家族葬のつもりが思わぬことになりました

わたしの行きつけの美容院の経営者の話です。

 

その方のお父さんが3年ほど前に亡くなられたそうです。

 

そして、葬儀をおこなったんですが、その際、今増えつつある家族葬というものを選択したそうです。

 

そして、家族や一部の近い親戚だけで葬儀をおこなうつもりでいたそうです。

 

しかし、お父さんが亡くなられたことは、近所の人にも伝えてあったそうです。

 

そして、いなかなので、その地域の区長という人にも伝わったのでした。

 

わたしが住んでいる地域では、葬儀をおこなう場合には、各家庭にある防災無線で葬儀の日時や会場を伝えます。

 

そして、その方のお父さんの葬儀についても、区長という人が気を利かせて、防災無線で流れるように手配してしまったそうです。

 

その結果、家族葬のつもりが、近所の人などがたくさん訪れて、とてもにぎやかな葬儀になってしまったそうです。

 

もちろん、香典返しなどは、葬儀場できちんと用意してくれたそうです。

 

こういうことは、葬儀場では、すぐに対応できたそうです。

 

しかし、家族などだけで静かにおこなうつもりの葬儀が、こんなに賑やかなものになってしまうと、喪主としては、とても慌ててしまうそうです。

 

たくさんの人が来てくれたのはありがたいことだとも思われます。

 

家族葬をおこなう人は、このようなことになる可能性も考えておくべきでしょう。

 

(愛知県 新城市 みいこさん)

 

茅ヶ崎市斎場の電話番号