葬儀家族葬質素

祖父の葬儀は家族葬で質素に見送ってあげた方がよかったのではないかと反省しています。

私は両親の祖父母を看取り、全ての葬儀に参列しました。

 

しかし一番の反省点は葬儀にお金をかける必要が果たしてあるか、ということです。

 

父方の祖父は教育関係者だったので、教え子や同僚の方の参列を予見していて、割と大きい葬儀場を手配しました。

 

しかしあまり参列者は多くなかったです。

 

赤字にはならなかったのですが、私にとっては質素な暮らしを望んでいた祖父にしては葬儀が豪華すぎるような気がしてならなかったのです。

 

祖父自体、家族に恵まれて家族の絆を大事にしていた人なので、それこそ家族葬で質素に見送ってあげた方がよかったのではないか、と今更ながら感じています。

 

お金が掛かる葬儀が必要な場合もあるし、遺族の方々の気持ちも分からなくはないのですが、それよりも家族の絆を大切にした、暖かみがある葬儀の方が遺族に負担をかけないという意味でいいという考えもあります。

 

質素にしたからといって、弔意が減ることもないのです。

 

昔は家族で家で葬儀をやっていたので、華美に豪勢に葬儀をやることに対する抵抗感が私の心の中の本心にあるというのも事実です。

 

とにかく、これらの反省を踏まえて、私の葬儀は質素なものにすることは間違いありません。

 

質素な葬儀の方が今風なのです。

 

(熊本県玉名郡和水町 カート小判さん)

 

かわさき南部斎苑の連絡先